スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ラムの検査とは?

前回の記事で予告したとおり
今日はラムの検査のことを書こうと思います!


実は、少し前から
ラムの体にちょっと気になる部分がありました・・

それは、おへそあたりに出来たシコリ。

シコリと言っても、あまり大きなものではなく
それはまるで、リンパ腺のような・・ビー玉サイズのもの。

最初、臍ヘルニアかな?とも思ったんだけど
でもこんなの前からあったとは思えないし・・

ほぼ毎日のように、体に触れてコミュニケーション取ってるのに、
気付いたのがはほんと最近だし。

一応、今度フィラリアのお薬を貰いに行くときに
先生に診てもうらおうって思ってました。


そしたら、このタイミングでチェリたんの不調

メインはチェリたんだったけど、ラムのシコリについても先生に診てもらうことに。

DVC00133.jpg


触ってすぐに、先生が 「うーん・・ これは・・」と難しい顔をしたので
ちょっと不安になりました。

ええ・・ まさか、何か悪いもの? 腫瘍?

もう、若干頭がパニくりまして・・(´Д`;)

そしたら、先生がラムの子宮あたりも触って
「ここにも何かありますね?!」と驚き・・!!

ええ! そんなー! 転移ですか?! と、さらにパニくり(´Д`;)

でも、よーく触ったら、先生が
「あ。ここは正常でした。なんでもありませんね」と・・。


おいおい。頼むよ~ なーんてエラそうに思いながらも

じゃあ、おへそのシコリは?っと。

先生は、「ここのは、正体を調べる必要があるので・・
細胞を採取して、顕微鏡で診てみましょう。よろしいですか?」と。

ぜひともお願いします!と返事して・・
悪いものでも、早期発見ならきっと治るし・・ すぐに調べてもらおうって。


検査方法としては、注射器でシコリ部分の細胞を採取し、
それを顕微鏡用のガラス板に擦りつけ、顕微鏡で覗くようです。


もう、待合室で結果を待ってる間はドキドキ

悪いものだったらどうしよう・・ まだ3才にもならないのに! とか
避妊手術しても、腫瘍ができてしまう子は居るって聞いてたけど
まさかラムがそうなんて・・ とか
とにかくもう、マイナス思考まっしぐら!!


そして、数分待ったあと、再び診察室に呼ばれ
「ラムちゃんの検査結果ですが・・」と口を開く先生。

生唾ゴックンしながら、覚悟をきめて「はい・・」と答えるわたし。

先生「細胞を採取してみましたが・・」

わたし「はい・・」

先生「細胞、取れませんでした」

わたし「???」

先生「脂肪しか取れなかったんです」

わたし「???」

先生「ようは、脂肪のかたまりです」

わたし「ええ?!」


はい・・ ラムたん。
ガンでもなんでもなくって、脂肪のかたまりが出来てしまってたんです。


と言っても、これは、脂肪腫と言って、良性腫ではあるけれど
腫瘍であることには変わりありません。

原因はハッキリと分かってませんが、病気であることには違いないのです。
ほとんどの場合、老犬に多いようですが
ラムたんは、3才間近にして、脂肪腫が出来てしまいました・・涙

DVC00134.jpg

何も知識が無かったわたしは、先生に
「肥満だからですか?!痩せたら無くなりますか?!」とせっついてしまった;

先生はちょっと困りながらも
「いや、これは痩せたからといって無くなりません。
一度できてしまうと、そのまま残ります。」とお答えになりました。


良性腫なので、悪さはしないとのことですが、
放っておくと、現状維持のままか、巨大化するみたいです。

あまり大きくなると、生活に支障をきたす場合もあるようで
大きくなってくるように感じたら、すぐに連れてきてくださいって言われました。

つまり、大きくなりすぎると手術して切除しなくてはいけない。
また全身麻酔か・・ 可哀想

でも、大きくなってラムがしんどくなるなら
手術頑張ってもらって、とってもらったほうがいいよなー・・とか思いつつ。

そのときは、歯石も取ってもらおう。
もともと涙目になりやすい右目の涙腺?も診てもらおうと思います。


原因も分からなければ、予防策も無いらしく
どうしようも出来なかったってのがほんとのとこだけど

でもやっぱり、「病気」って聞くと
どうしても飼い主である自分を責めてしまいますね・・

ほんと、チェリといい、ラムといい、・・・ 申し訳ない気持ちがいっぱい。


こういう病気もありますので、
皆様も愛犬の体チェックはしっかり行ったほうがいいです!

シコリは、良性腫の場合もあるけど
悪性の場合もあるので、ちょっとでも何かに気づいたら
すぐに診てもらう・調べてもらう、に越したことはありません!

人間と同じ、何事も早期発見・早期治療が一番です★

わたしも今後、
ラムチェリを大きな病気にさせないように、気をつけたいと思います。



ラムの脂肪腫がこれ以上大きくんじゃらないよう・・念のポチお願いしたい!!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
20:23 | 病気と予防 | comments (4) | edit | page top↑
犬を枕に寝る犬 | top | 最低なBirthday

うちのワンコにもそれらしきぽっこりがぁ!!触っても痛がらないけど、ちょっと押すと凹む…でまた戻る(≧ε≦)お医者行ったほぅがいぃなぁ。心配になってきた(ToT)でもラムたんのお陰で気付けたよ、ありがとね☆
茶々さん | 2009/10/05 12:57 | URL [編集] | page top↑
こずさん、こんにちは^^!
ラムちゃん、良性でよかった~。。。
でも気づいたこずさん、スゴイ!
私も、そういうことを気にしながらスキンシップしないと!
その脂肪腫?みたいなもの、私の腕にもいくつかあるんだけど・・・。
人間の場合、悪性とかあるのかな・・・。
なんかこわくなってきたぞ・・・。
単なる太りすぎだといいけど^^;。

うちのこたっちょも歯石取りたい~!
スケーラーでは限界がきました・・・。
でも全身麻酔だもんね、ちょっと心配だよね。
ラムちゃんもチェリちゃんも、大丈夫なようで本当に良かったです^^♪
AKKOさん | 2009/10/05 17:09 | URL [編集] | page top↑
こんにちは☆

チェリちゃんの体調は落ち着きましたか?
原因がハッキリわからなくて心配になる気持ちは、
ものすごくわかります。
季節の変わり目は、人間も体調を崩しやすいですが、ワンコも胃腸の調子が悪くなって、胃炎とか腸炎になる子も多いみたいです。
チェリちゃん、早く元気になって、美味しいご飯いっぱい食べようね!

ラムちゃんのシコリは、とにかく良性でよかったです!
脂肪の固まりなら、今後の経過観察ですね(^_^)
ほんとに日々のスキンシップは大事だと思います。
モカの乳腺腫瘍も、何気なくさわってた時に気づいたので・・
ワンコは喋れないから、その分もあたし達が日頃からしっかり見て、気づいてあげたいですね☆
chiakiさん | 2009/10/06 11:00 | URL [編集] | page top↑
お返事です♪
茶々さんへ
それは心配ですねー!
なるべく早めにお医者さんに診てもらったほうがいいですよ!
なんでもなければ安心できますし♪
犬は喋れないから、飼い主がしっかり管理してあげたいですね★


AKKOさんへ
ええ!AKKOさんにるんですか?
どんくらいの大きさだろう・・
人間にも出来るんですかね?!
聞いたことありません・・
一応お医者さんに相談してみたほうがいいかもしれませんねi-201
前にネットで、日ごろのスキンシップが腫瘍の早期発見に繋がると見て
なるべくそうゆうのを気にして触るようにしてました!
全身麻酔はそれなりにリスクもありますからね・・
特にダックスはいろんなアレルギー反応してしまう子が多いようで
ちょっと恐い部分もあります・・。


chiakiさんへ
その後モカちゃまどうですか?
変わらず安定してるといいな~★
ほんと、わんこは話せない分、飼い主であるわたしたちが
しっかり管理してあげたいですよね~。
本当に何気ないことがキッカケで気付くこともあるし
逆に何気ないことで病気やケガにも繋がるし・・
元気を失くしてからでは遅いし、日ごろからちゃんと見てあげようって
改めて思いました!
こずさん | 2009/10/06 13:32 | URL [編集] | page top↑

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。