カテゴリ:病気と予防

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ワクチンと副作用

11月7日の土曜日のこと。

ラムチェリとわたしはの~んびり休日を満喫していたのですが
以前紹介したラムチェリの妹分こと“ココちゃん”が、3回目のワクチン接種に行きました♪

このワクチンが終われば、約1~2週間後にはいよいよお散歩デビューです★
午前中に動物病院へ出向き、けっこー混んでたようで・・お昼近くに無事完了!
その後、大人しくおうちへ帰り、ゆっくりしてたらしいのですが・・・・

2~3時間経ったころ、顔を掻きだしたココ・・
すると、みるみるうちに顔がボコボコに腫れてきた!!!!



まるで別犬だよ~~~(´;ω;`)

急いで病院に連絡し、お昼休み中だったけども
「すぐに来れますか?」と言われたので、慌てて病院へ行ったらしいです。

これは、いわゆる「ムーンフェイス」ですね。

ムーンフェイスとは、アレルギーの代表的なもので、
ダックスにはよく起こると言われています。
ワクチン接種によって起こる例が多いけど、それ以外でも
ノミやダニ、太陽光線、シャンプー、花粉やハウスダストなど
いろいろなことが原因になるそうです。
また、食餌性アレルギーといって、
食べものの中のタンパク質などでアレルギーを起こすこともあるそう。

ムーンフェイスになった場合は、抗アレルギー剤を打つことで症状は治まってきますが
時には、アナフィラキシーショックといって
貧血・血圧低下・呼吸困難・体温低下・ふるえ・痙攣・尿失禁などを起こす場合もあります。

それはすごくコワイですね~・・

防ぐにはアレルギーの原因となるアレルゲンを近づけないことが一番ですが、
アレルゲン検査をしないと正確な原因は判断できません・・。

今回ココの場合、ワクチン接種後の反応だったので、きっとワクチンが原因ですね。
ワクチンの副作用で出たんだと思います。

わたしはその場に居なかったので、なんとも分からないのですが
顔が腫れた以外はココ自身は元気だったようです。

病院でもっかい注射をしてもらい、しばらく腫れた部分を冷やして
夕方ころには腫れもほとんど引いてきたみたいです。
その後はいたって元気とのこと♪ 良かった~


普段なら、守るためにワクチンなのに
こんなこともあるんですね~・・・

じゃあ、そんな危険もあるのに、なぜワクチン接種が必要なのか?
という部分がちょっと気になってしまって・・
わたしなりにいろいろ調べてみた事を、また記事にしてみたいと思います。

ワクチン接種が大事!ということは、愛犬家なら当然のことだけど
わたしは、なんで大事なのか、なんで1年に1回必要なのかって聞かれると
分かってるようで分かってなかったのが本音です。


◆ワクチンとは?◆
ワクチンとは、“感染すれば死亡率が高い病気”を予防するためのものですね。
そのワクチンには「義務のワクチン」と「任意のワクチン」があります。

義務のワクチンは狂犬病のワクチンです。
狂犬病は人間に伝染する恐れがあるので、国から法律により
接種が義務付けられています。
義務なので、守らなかった場合はもちろん罰則があります。

任意のワクチンは、ウィルス感染を防ぐ混合ワクチンです。
ウィルス感染は、動物の排泄物から感染し、
散歩中・ペットサロン・ペットホテル・動物病院内などにおいて
病気の動物を触った人の手や
排泄物を踏んでしまった人の靴などを経由して起こります。
人間のそれらに限らず、もちろん、犬同士・猫同士でも同じことが言えます。

ただし、任意のワクチンなので、必ず打たなくても罰則などはありません。
でも・・・
どんなに完全に室内で飼育していたとしても、
どこでどんな接触があるか分からないのですから
完璧に伝染病から守るというのは難しいですよね。

そこで、混合ワクチンが必要になるのです。
混合ワクチンとは、
病原性を無くしたもの、あるいはかなり弱めたウィルスや細菌の抗原を注射することで
病原体と戦うための抗体を作ってあげます。

ワクチンを接種する=絶対にその病気にかからないってわけではないのですが・・
抗体がすでに体内にあれば、例え感染しても、症状が軽く済んだり、早く治ったりします。
人間のインフルエンザの予防接種と同じことですね!

病気に対する免疫はもともと動物にあるものだけど、
最初の免疫抗体は母親からもらいます。
胎内にいる時は胎盤から、生まれてからは母乳から、
移行抗体と呼ばれる免疫をもらいます。
特に、生まれた直後の初乳には移行抗体がたっぷり入ってて、
その母親が適切なワクチン接種を受けていれば、
子犬へも多くの抗体をあげる事ができます。

ただし!
母親からの移行抗体には期限があり、生後40日~150日ほどで消えてしまいます。
子犬は新しい抗体を体内に入れないと、
ウィルスや細菌に対して無防備になってしまいます。
なので、移行抗体が切れてしまう時期に1回目のワクチン接種が必要になります。

じゃあなんで2回も3回も必要なのか?
それは、母親からもらった移行抗体がまだ残っている時にワクチンを打ってしまうと
母親からの移行抗体がワクチンをやっつけてしまい、
せっかく入れたワクチンが弱ってしまいます。
そして、その後に母親からの移行抗体が消えてしまうと、
その後はまた無防備になってしまうので、病気の感染の恐れが出てきてしまいます。

つまりは、母親からもらえる移行抗体がどのタイミングで消えてしまうか分からないので
いつ消えても大丈夫なのように、ワクチン接種で子犬を守ることが必要になるんですね。
(この移行抗体がまだ残ってるかどうかは、血液検査で調べることも可能ですが
ワクチン接種の何倍もの費用がかかります。)

1回目のワクチンは生後40日くらいで入れて、その1ヶ月後に2回目
そして更に1ヵ月後に3回目と、一定の間隔をあけてワクチンを打ちます。
そうすることで、子犬の体を守ることが出来ます。
3回目のワクチン接種時期には母親からもらった移行抗体は消えてしまっているので
ワクチンをやっつけて弱るということもなくなり、3回目のワクチンがしっかり守ってくれます。


◆ワクチン接種の回数◆
このワクチン接種の回数ですが、通常なら1年毎に1回といわれてますね。
我が家でも1年毎にしっかり1回受けています。
でも、中には3年に1回でいいという考えもあります。
それは、アメリカに3年に1回の接種でも大丈夫という地域が存在してることから
日本でもそのような考えが出てきてるとのこと。
でもこれは、アメリカで【75%以上が予防をするとその病気が流行らない】という
シャルルニコルの法則により言われてることで、
接種率が80%を超える地域では3年に1回で良いと考えられているからだそうです。
アメリカでも全体の3割くらいの地域しか、それに当てはまる地域はないそうです。

そして、わたしたち日本の場合はというと・・
ワクチンの接種率は、犬の場合で3~4割程度、猫の場合は2割程度と
こんなにも低いのが実状だそうです。
8割以上なんて・・ぜんぜん届きませんね・・・・。
なので、安全を考えると1年毎にワクチンを接種したほうがいいということになります。

でもこれは、あくまでもわたしが調べた結果になるので
個人によって考え方は様々だと思いますので、そこは否定も肯定もしません!


◆ワクチンの欠点◆
そして、どんなに大事だといわれてるワクチンでも欠点もありますね。
今回のココの場合が、それになります。
つまり、副作用やアレルギー反応があります。
また、ワクチンを受けることで100%病気が防げる訳でもありません・・。

その動物の免疫が低下している状態では、感染を防ぎきれないことがあるそうです。
そして、副作用が起こることもあります。
通常の場合、元気がない・注射した所を気にするなど軽いものですが
ムーンフェイスのように顔が腫れる症状が起こる場合もあります。
これは約4時間以内に起こると言われています。
その場合は、最初に書いたように、アレルギー反応を抑える注射を打って処置します。

そして、その後に書いたアナフィラキシーショックですが
これは、かなり低い確率で起こるといわれています。
このアナフィラキシーショックは、注射後直ぐに起こります。
遅くても30分以内だそうです。
でも、放っておくと命が危険になるので、急いで対処する必要があります。

そういう意味でも、ワクチン接種後は大人しくしてましょうといわれるのですね。
シャンプーや激しい運動を避けて・・・ってよく書いてありますね!


いろいろ書いてしまいましたが、ようは・・・・
愛犬を守るのは飼い主しか居ないってことです。
どんな判断でも、飼い主が守ってあげなきゃ犬は自分で病院に行けません。

ワクチン接種のことも、接種後のことも、飼い主が責任をもって守ってあげましょう!
いつものワクチンでも、その後は“いつもの様子”じゃないかもしれません。
ワクチン後はちゃんと様子を見れる時間を作って様子を見守ることが必要だと思います。
そして可愛い愛犬は安静にさせましょうね。
もし、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に連絡です!!


我が家のラムチェリも、みなさんの愛犬ちゃんも
ずーっと健康で元気で幸せいっぱいでありますように・・・★


応援ポチもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
13:06 | 病気と予防 | comments (6) | edit | page top↑

ラムの検査とは?

前回の記事で予告したとおり
今日はラムの検査のことを書こうと思います!


実は、少し前から
ラムの体にちょっと気になる部分がありました・・

それは、おへそあたりに出来たシコリ。

シコリと言っても、あまり大きなものではなく
それはまるで、リンパ腺のような・・ビー玉サイズのもの。

最初、臍ヘルニアかな?とも思ったんだけど
でもこんなの前からあったとは思えないし・・

ほぼ毎日のように、体に触れてコミュニケーション取ってるのに、
気付いたのがはほんと最近だし。

一応、今度フィラリアのお薬を貰いに行くときに
先生に診てもうらおうって思ってました。


そしたら、このタイミングでチェリたんの不調

メインはチェリたんだったけど、ラムのシコリについても先生に診てもらうことに。

DVC00133.jpg


触ってすぐに、先生が 「うーん・・ これは・・」と難しい顔をしたので
ちょっと不安になりました。

ええ・・ まさか、何か悪いもの? 腫瘍?

もう、若干頭がパニくりまして・・(´Д`;)

そしたら、先生がラムの子宮あたりも触って
「ここにも何かありますね?!」と驚き・・!!

ええ! そんなー! 転移ですか?! と、さらにパニくり(´Д`;)

でも、よーく触ったら、先生が
「あ。ここは正常でした。なんでもありませんね」と・・。


おいおい。頼むよ~ なーんてエラそうに思いながらも

じゃあ、おへそのシコリは?っと。

先生は、「ここのは、正体を調べる必要があるので・・
細胞を採取して、顕微鏡で診てみましょう。よろしいですか?」と。

ぜひともお願いします!と返事して・・
悪いものでも、早期発見ならきっと治るし・・ すぐに調べてもらおうって。


検査方法としては、注射器でシコリ部分の細胞を採取し、
それを顕微鏡用のガラス板に擦りつけ、顕微鏡で覗くようです。


もう、待合室で結果を待ってる間はドキドキ

悪いものだったらどうしよう・・ まだ3才にもならないのに! とか
避妊手術しても、腫瘍ができてしまう子は居るって聞いてたけど
まさかラムがそうなんて・・ とか
とにかくもう、マイナス思考まっしぐら!!


そして、数分待ったあと、再び診察室に呼ばれ
「ラムちゃんの検査結果ですが・・」と口を開く先生。

生唾ゴックンしながら、覚悟をきめて「はい・・」と答えるわたし。

先生「細胞を採取してみましたが・・」

わたし「はい・・」

先生「細胞、取れませんでした」

わたし「???」

先生「脂肪しか取れなかったんです」

わたし「???」

先生「ようは、脂肪のかたまりです」

わたし「ええ?!」


はい・・ ラムたん。
ガンでもなんでもなくって、脂肪のかたまりが出来てしまってたんです。


と言っても、これは、脂肪腫と言って、良性腫ではあるけれど
腫瘍であることには変わりありません。

原因はハッキリと分かってませんが、病気であることには違いないのです。
ほとんどの場合、老犬に多いようですが
ラムたんは、3才間近にして、脂肪腫が出来てしまいました・・涙

DVC00134.jpg

何も知識が無かったわたしは、先生に
「肥満だからですか?!痩せたら無くなりますか?!」とせっついてしまった;

先生はちょっと困りながらも
「いや、これは痩せたからといって無くなりません。
一度できてしまうと、そのまま残ります。」とお答えになりました。


良性腫なので、悪さはしないとのことですが、
放っておくと、現状維持のままか、巨大化するみたいです。

あまり大きくなると、生活に支障をきたす場合もあるようで
大きくなってくるように感じたら、すぐに連れてきてくださいって言われました。

つまり、大きくなりすぎると手術して切除しなくてはいけない。
また全身麻酔か・・ 可哀想

でも、大きくなってラムがしんどくなるなら
手術頑張ってもらって、とってもらったほうがいいよなー・・とか思いつつ。

そのときは、歯石も取ってもらおう。
もともと涙目になりやすい右目の涙腺?も診てもらおうと思います。


原因も分からなければ、予防策も無いらしく
どうしようも出来なかったってのがほんとのとこだけど

でもやっぱり、「病気」って聞くと
どうしても飼い主である自分を責めてしまいますね・・

ほんと、チェリといい、ラムといい、・・・ 申し訳ない気持ちがいっぱい。


こういう病気もありますので、
皆様も愛犬の体チェックはしっかり行ったほうがいいです!

シコリは、良性腫の場合もあるけど
悪性の場合もあるので、ちょっとでも何かに気づいたら
すぐに診てもらう・調べてもらう、に越したことはありません!

人間と同じ、何事も早期発見・早期治療が一番です★

わたしも今後、
ラムチェリを大きな病気にさせないように、気をつけたいと思います。



ラムの脂肪腫がこれ以上大きくんじゃらないよう・・念のポチお願いしたい!!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
20:23 | 病気と予防 | comments (4) | edit | page top↑

最低なBirthday

10月1日。 チェリのお誕生日。

なのに・・

チェリたんは病院へ行きました。
P1050923.jpg


ここ数日、まったくごはんを食べず・・
ただのワガママだと思っていたけど、何度か嘔吐があるので
念のために診てもらおうと。


病院に行って、様子を説明すると
まずは体重測定。  4.05kg。 特に変わりなし。
次に心臓の音をチェックします。  これも特に異状なし。
続いて触診。  ここでも特に異状なし。
熱は?  38度で正常。

でもやっぱり元気なさげなチェリたんだったので
血液検査とエコー検査をすることに。

というのも、急に食欲が無くなった場合、腎臓や肝臓の病気が考えられるそうです。
なので、血液検査で数値を出して、状態をチェックします。

あとは、少し前にケータイをガジガジしてしまったので
変な部品や割れたものなどが、内蔵のどっかに詰まってないか心配だったので
でも、プラスティックの場合、レントゲンでは映らないので、エコー検査です。

ちょっと大げさかな?とも思ったけど、このままごはん食べずに弱ってくのも可哀想だし
万が一、何かの病気だったら恐いので、出来るだけのチェックをしておこうと考えました。


最初に採決をして、結果を待つ間にエコー検査をしました。
DVC00131.jpg
↑この機械で、人間と同じように、ジェルを塗ってお腹の中を見ます。

初めてエコー検査を見たけど、けっこーハッキリ映るんですね!
妊婦さんが赤ちゃんを見るのと同じようでした!

内蔵をそれぞれ詳しく見てもらいましたが、特に異常は見当たりませんでした。
腸?にウンチが詰まってるのは見えました。笑
まだウンチ前に病院に行ったので・・

逆に、おしっこは来る直前にしたので、膀胱が映らなかったようです。


次に、血液検査の結果。

ストレス・アレルギー・肝臓・腎臓など、全部合わせて7項目見てもらったけど
こちらも特に異状はなし。
1つだけ、総たんぱくという項目が正常値を下回ってましたが
これは、ごはんを食べてないので、栄養値が低かったようです。
DVC00137.jpg

ということで、念のため、点滴も打ってもらうことになりました。
このまま食欲ないと、体力が落ちちゃうし。
点滴は100ml。

点滴のときに、注射もいっしょに打ってもらって
帰りに「吐き気止め」のお薬を貰って診察終了です。


思った以上に、いや、もっとそれ以上に?おおごとになってしまったけど・・汗

でも、出来る限りの検査ができたので、ちょっと安心。


結局、ハッキリした原因が分からず・・ 異常も見つからなかったしね。

でも先生が言うには、たぶん、胃が調子悪いんでしょう・・と。

変なものを食べ過ぎておかしくなったかしら

それか、ごはんを好き嫌いしすぎて胃が空っぽになったもんだから
余計に食欲が失せてしまったかな・・

どっちにしろ、完全に飼い主の管理不足!!!
ほんと、チェリに申し訳ない。

せっかくの2才のお誕生日が・・
わたしのせいで、こんな最低なお誕生日にしてしまいました・・涙


お詫びのつもりと、少しでも食欲が戻りますようってことで
たくさん美味しそうなごはんも買ってみました♪

P1050925.jpg

ロイヤルカナンのフードや、デビフの缶詰は、前からチェリが好きなので
もっかい買ってみた★!
最近はちょっと太ってきたので、ダイエットフードにしてて
缶詰はお預けだったのです。

他には、ヤギミルクも!
P1050926.jpg
元気がでるって書いてたから、ついつい・・。


あとは、半生タイプのフードも!
P1050928.jpg
香りがすごいから、きっと食べてくれるだろうと信じて・・。


病院に行った当日の夜、またけっこーな量を吐いてしまって
翌日の日中にも吐いた様子がネットワークカメラで見えました。
ちょっと、あまりにも心配で会社を早退したのですが・・
その日はずっと甘えっ子で・・
P1050922.jpg

そしたら夕方過ぎにはけっこー元気になったのです!笑

今は、病院行ってから2日経ちましたが、“ワガママごはん”になってるけど
食欲も戻ってきてて、様子もいつもどおりになってきました★

今日も朝からちゃんとごはんも食べたし、お薬も飲みました~♪
吐き気止めは7日分もらってるので、とりあえず無くなるまでは
朝と夜に飲ませて様子を見ます。



早く元気になりますように・・

こんなBirthdayになっちゃったけど・・
お誕生日おめでとう!チェリ!



<おまけ>
実は病院で、ラムさんも検査するはめになってしまったのです!!
その様子はまた次の記事で・・苦笑


チェリたんに、元気玉ならぬ、元気ポチをお願いします!!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
19:38 | 病気と予防 | comments (3) | edit | page top↑

食欲がないチェリ

今日はチェリの誕生日!! なのに・・

昨日の朝から、チェリが全くって程、ごはんを食べません・・



昨日の朝、夜、今日の朝と3食食べてません。


P1050921.jpg

くんくんとにおいを嗅ぐものの、食べず・・

梨を少しあげたら食べたので
またワガママが始まったんだな~って思ってたんだけど・・

昨日の夜に、2回も吐いたので
こりゃー何か原因があるかも?と思ってます。

吐いたものは、黄色い泡状のものだったので
胃液とかかなーって思うけど
2回目のときは、食べた梨も少し出てきたので・・

ちょっと心配です。


先週末に携帯もガジガジしてるし、何か誤飲してるのでは・・?

今日、病院に行ってみます!(´;ω;`)


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
14:22 | 病気と予防 | comments (2) | edit | page top↑

犬とカフェイン

前回の記事で、ミネラルウォーターについて少し書きましたが
今日はカフェインについて書いてみたいと思います!

長いのですが、愛犬家さんは是非一度読んでみてください!

DVC00103.jpg


まず、「カフェインは犬に与えてはいけない」 これが基本です。

カフェインといえば、よく眠い時にコーヒーを飲んだりしますね
あれは、コーヒーに含まれるカフェインが
直接的に心筋や中枢神経系を刺激する為、眠気覚ましになります。
他にも、リラックス効果やダイエット効果など、
人間にとってはいい意味での作用が認められていますが
この作用は、ワンコにとっては危険です。

人間には適量でも、体の小さいワンコが過剰に摂取してしまうと
カフェイン中毒を起こす恐れがあるからです。

では、具体的に、カフェインで起こる中毒とはどんなものなのか?

【症状】
 ・脈が速く(頻脈)なったり、遅く(徐脈)なる
 ・呼吸数が増え速くなる
 ・過度な興奮
 ・震え
 ・痙攣
 ・不整脈
 ・全身性のうっ血あるいは出血

【治療方法】
解毒剤はないので、治療は支持的なもの。
 ・催吐・・・摂取後数時間(4~6時間)経過していても効果的
 ・胃洗浄・・・催吐が十分でない時や禁忌の時効果的
 ・各症状に合わせて薬の投与

【致死量】
体重1kgに対して150mg。
参考に、
・コーヒー1杯=100mg
・コーラ1杯=60mg
・ココア1杯=5mg
(チョコレートは板チョコ1枚で150mgくらいです)

参考URLはコチラ

体重が少なければ少ないほど、致死量に相当する量を摂取する危険があります。
また子犬などは、珍しい物に興味を持つため大量に摂取する危険もあります。

犬種によっては、もともと掛かりやすい病気もあるので、
心臓系の病気が発症しやすい犬種などは特に気をつけるべきなのです。
その犬種を作り出す過程で先天的に組み込まれ、
遺伝的に発症しやすい病気や症状を持った犬種もいます。
ダックスも、組み合わせ方によっては
心臓疾患を持った子が生まれてきやすいので、注意が必要ですね(´・ω・`)

DVC00115.jpg

烏龍茶は、コーヒーに比べればカフェインの量は半分以下なのですが
それでも、お茶の中では多い方です。
だいたい、100mlに20mg含まれてます。(お茶出しの条件によっても異なります)


【おまけ】
お茶にはタンニンやポリフェノール、フラボノイドなどが含まれており
ホルモンバランスを整える働きや、口臭予防
タンニンは殺菌・解毒作用などの効果が期待されるとあり
その効果は犬も例外ではない、とのこと!!

ただし、カフェインが大量に含まれてる紅茶などは好ましくないので
ノンカフェインに加工されてるものがおすすめです。

ちなみに、麦茶はノンカフェインだそうです。
(注:麦茶は原材料が大麦なので、日本茶ではありません。)

また、日本茶のカフェインはタンニンの作用で吸収されにくいという説もあるので
日本茶の場合(タンニンが含まれてる場合)、少量のカフェインであれば
カフェイン中毒に関してはあまり気にしなくても大丈夫なのかもしれません・・。

日本茶の中で
少量のカフェイン・・・番茶・玄米茶等
大量のカフェイン・・・緑茶(玉露)等
参考URLはコチラ


とっても長くなった上に、ややこしくて分かりづらいかもしれませんが・・

【結論
しつけの為にも、健康のためにも、人間の飲食物は与えないのが賢明★
なにせ、身体の大きさが人間とは全然違うので
人間が大丈夫でも、犬にとっては大丈夫じゃないことが多いです。
細かい部分になると、難しくなってしまうので・・
そこは飼い主の判断で大切な愛犬を守りましょう!!

他にも参考になる記事を見つけたので、お時間があるときにでも
ぜひ読んでみてください♪
犬・猫に多い中毒とその薬
豆知識 与えてはイケナイ食べ物


【伝言板】←?笑
茶々さん、いつも楽しいコメントを書いてくれる感謝も込めて
自分なりに「犬とカフェイン」を調べてみました♪(*´∀`)



今日も、「へぇ~」の代わりにポチっともらえれば・・
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
10:35 | 病気と予防 | comments (4) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。