カテゴリ:避妊手術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

抜糸とお会計

昨日、4月16日に 無事チェリ嬢の抜糸をしてきました~♪
手術日は4月4日だったので、術後12日目での抜糸です。
平均的な日数だそうです!

傷口はこーんな感じ♪
001_20090417103726.jpg


よく分からないので、もうちょいUP
002_20090417103730.jpg


しっかり塞がってます。
003_20090417103734.jpg


周りの赤みが消えたら、シャンプーもOKだそうです(´▽`)

ラムの抜糸したときと比べると、チェリのほうが傷口の治りが早いかな~。
(飼い主の格好が今とスッカリ同じってのがウケる・・笑)


でもお乳はまだ出ました
まだ偽妊娠中(偽出産中)は継続してたようです。

おっぱいもちょっと大きいしね~
004_20090417103737.jpg
チェリさん、半分寝てますな。

病院でたくさんのワンコに触れて、ウッキウキだったので
帰ってきた頃にはもう眠くなっちゃったみたい。笑
005_20090417103740.jpg



さて、今回の避妊手術費ですが。 ざっと書いておきます。


4月4日/ 避妊手術費(検査・麻酔・薬7日分込)  28,000円+税=29400円

4月7日/ 傷口の診察 500円+服交換700円+税=1260円

4月11日/ 血液検査500円+薬5日分250円+服交換700円+税=2047円
※全く食欲無かったため、血液検査しました。

4月16日/ 抜糸300円+税=315円


トータル 33022円(税込)


今回、チェリ嬢は特に問題もなく抜糸までいけたので
上記のような費用で済みました~
が、もし血液検査で調子悪かったら、薬代とかもうちょいかかったかもです。
あと、お薬を嫌がる子は別途、注射代がかかるそうです。

もし今後、避妊手術する方が居たら、参考にして頂ければと思います♪



とりあえずお疲れチェっさん

006_20090417103743.jpg


食欲も戻ったし、先生からも許可が出たので
明日は2匹そろって区役所で狂犬病予防のお注射してきます

スポンサーサイト
11:02 | 避妊手術 | comments (0) | edit | page top↑

チェリの食欲復活!

やっと! やっと!
やっとチェリ嬢が自らご飯を食べてくれるようになりました(つД`)

今までは、差し出してもプイッってそっぽ向いちゃって
興味すら示してくれないことが数日続き・・
一口ずつスプーンですくって口まで運んだり
指で一口分ずつ丸めて肉団子状態にして口に運んだり
ほーんと大変でした;

それでもやっぱり食べてくれない日もあって
なんとか薬(避妊手術の抗生剤)だけを飲ませる日もあったのですが。

今週の月曜日の夜あたりから、ご飯に興味を示すようになってきて
昨日あたりからはスプーンなんかですくわなくっても
自分で器に頭を突っ込んで食べてくれるようになりました(つД`)


まだ好き嫌いはするし、カリカリフードだけちょびっと残して
美味しい缶詰の部分だけペロリと食べたり
ワガママさは残ってますが、それすら食べてくれなかった頃を考えると

んもーう 安心しました(´▽`)


あとは明日か明後日に抜糸の予定です♪
それと、先生に食欲の話を相談して
場合によっては血液検査をして
土曜日にはラムと一緒に狂犬病のお注射打てるかもです!


今朝はご飯を食べたあとも、ラム姉たんと追いかけっこして
ガウガウ大会もしてました

尻尾も上向いて、ご機嫌でしたよ~♪


当たり前の光景でしたが、久々の光景だったので
なんだかほんとに嬉しかった・・




今更だけど、デジカメの写真を見直してたら
なーんか可笑しい写真を見つけたので貼っておこうかと!笑

チェリが手術から家に帰ってきた直後の様子です。
P1040610.jpg

すると、 ラム姉さん「だいじょうぶだった~?」と近づき
P1040612.jpg

どれどれ?とニオイを嗅ぎ
P1040613.jpg


ウザったいチェリは逃げてしまい
P1040614.jpg

それでも追いかけて嗅ぐラム
P1040615.jpg

もう変態の域です・・
P1040616.jpg

それでも嫌なチェリは逃げて、でもでも追いかけるラム
P1040617.jpg

チェリたんはハウスで隠れてお休みしました;
P1040619.jpg

なんだか、ラムが一人っ子Dayを楽しめなかった理由が分かった気がした。笑

結局ラムはチェリと一緒がいいようです♪






さー!完全復活に向けてもう1歩!!

08:57 | 避妊手術 | comments (4) | edit | page top↑

ラムの一人っ子Day

チェリさん、相変わらず食欲ないです~(´Д`;)

でも昨日、血液検査をしてもなーんの数値も問題なかったので
とりあえず偽妊娠の状態が落ち着くまではこのまま耐えるしかないようです。

今度の土曜日狂犬病のお注射なのに・・
食欲が戻らない場合は延期です・・
食欲ない状態で注射しちゃうと具合悪くなっちゃうんだって

でも傷口の状態は良好ですよーー♪
水曜日には抜糸できそうな予感



さて さかのぼって・・チェリの手術の日
ラーちゃんは久々の一人っ子Dayだったわけで!


どんなに甘えさせてやろうかと、飼い主がワクワクしておりました!


んがッ


P1040600.jpg

ラーさん・・ THE ば く す い!!

しかも首に巻いてるバンダナがコルセット?みたいだぞ。笑


もぐってまで寝まくるラーさん。
P1040602.jpg

ええええーー つまーんなーーーい(´Д`)


やっと起きたと思ったら
P1040603.jpg
余裕で一人遊び。

当日、大きめの荷物が届いたもんで
その空き箱で 「捨てられた子犬ごっこ」 をしてました。



ラム 「可哀想な顔は得意です」
P1040605.jpg



ちょっとデカすぎやしないかい?
P1040606.jpg



ラム 「飽きてきたので出してくださーーい」
P1040607.jpg


こんなんしてるうちに、チェリ嬢のお迎え時間が来ちゃって・・


結局なーんも変わらない1日を過ごしたのでした

14:02 | 避妊手術 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気になる事。part2

昨日の記事について、お昼休みに病院に電話を入れました。

「先日避妊手術をしたのですが、どうやら偽妊娠中に手術をしてしまったようで
おっぱいからミルクが出るようになってしまったんです。
常にクゥンクゥン鳴いて情緒不安定だし、食欲も未だに戻りません。
何か問題などはないでしょうか? 気をつけることなどあったら教えて下さい。」

↑こんな感じで電話したと思います。

でも、看護士さんにイマイチ何を聞きたいのかが伝わらなかったらしく

看護士さん
「食欲が無いとのことですが、どれくらい食べますか?」
わたし
「普段の半分も食べないです。全く食べたがらないときもあります。」
看護士さん
「うんちの状態はどうですか?」
わたし
「ゲリまではいきませんが、だいぶ軟便です。」

看護士さん
「それで、注意することをお聞きしたいということですか?」
わたし
「はい。偽妊娠中の手術に問題は無かったのかや、今後気をつけることを・・」

看護士さん
「分かりました。少々お待ち下さい。」

----先生に確認中----

看護士さん
「お待たせしました。やはり、偽妊娠中ということもあり、食欲が戻らないのは
あと1週間ほどは続きそうです。そのままだと血糖値にも問題がでてきてしまうので
美味しいご飯(缶詰)で対策していただいて、なんとか食べるようにして頂きたいです。
うんちも軟便とのことですが、様子を見て、心配のようなら一度診せてください。」


わたし
「分かりました。えっと・・それで・・
心配になって自分でいろいろ調べたんですが、偽妊娠中は避妊手術を避けたほうがいいと
書いてあって、もう手術してしまったので、それは問題なかったのかというのも知りたいんです。
先日傷口を見てもらったときには、特に何も言われなかったのですが
ただ、おっぱいの周りの変化や、ミルクの色に変化が出てきたら病気の可能性もあるので注意して見ててください、とだけ言われたんですが・・・。」


看護士さん
「あ~なるほどー。分かりました、少々お待ち下さいね」

----またまた先生に確認中----

看護士さん
「お待たせしました。やはり、前回来て頂いたときと回答が同じになってしまうのですが
おっぱい周りが赤くなったり、ミルクの色が変わってしまうと
病気の可能性も考えられるので、そこらへんは注意して見てていただきたいんですね。」


わたし
「じゃあ、偽妊娠中の手術自体には、特に問題はないのですね??」
看護士さん
「そうですね。問題というか、やはり偽妊娠状態が少し長めに
続いてしまうってことですね。1ヶ月~2ヶ月ほど続いてしまうかと思います。
ただ、子宮を取ったので徐々にではありますが、そういった状態も無くなっていきますので・・」

わたし
「そうですか、わかりました。お手数おかけしてすみませんでした
ありがとうございました!」



なんとなくですが、こんな感じの会話でした。

ようは、まとめると

偽妊娠中の手術には、特に問題はないが・・・

・ただ、稀に乳腺の病気になる子もいるので、注意深く様子を見ておくこと

・偽妊娠状態は少し長めに続いてしまう

・食欲なくても体重が落ちるのはマズイので、ご飯の種類を変えてなんとか対策する


そんな感じでしょうか。



なんだかウマくまとめられないのですが
きっとこういったのも、先生や病院によって考え方が全然違うんですね。

実際、根気強く検索した結果、2件くらいの記事内で
「偽妊娠中の避妊手術でも問題ないと考えてる」という病院(先生)の文書も見ました。

ヒート中の避妊手術は避けましょう~的なのと同じ感覚かなと思いました。

もちろん、ヒート中の手術のリスクと
偽妊娠中の手術のリスクでは、その内容が全く違いますが

ようは、“出来ないことはない” “できれば避けましょう” “避けたほうが無難”
ということなのかなと、感じました。

ヒート後、避妊手術までには2ヶ月ほどは間をあけましょうといのも、
こういうことに繋がっているのかもしれません。


でも、1つ疑問が残ったのは
手術前に検査をしているのに、先生は偽妊娠中に気付かなかったのかって事。

いや、気付いたんだろうけど
特に問題はないと思ったから、そのまま決行したってことのほうが高いかな?

どっちにしろ、飼い主側がちゃんと気付いて、どんな小さいことでも
突っ込んでいかないといけないのかもしれないなと思いました。

あまり過剰になりすぎるのも良くないっても思ってますけどね!

ただ、ひと言
「偽妊娠中ですが、健康だし検査にも問題ないので手術を決行しますね」
と言ってもらえてたら、また違ったんじゃないかなっても思うんです(´・ω・`)



今回はいろんな意味で勉強になりました!


決して、手術に対して後悔してるとか
先生や病院側を責めてるとかはではないです!
ちょっと誤解あるような書き方になってしまったけど・・汗


ただ、こういうこともあるから気をつけなきゃってことを残しておきたくって

11:43 | 避妊手術 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気になる事。

ちょっと気になったので、偽妊娠について調べてみた。


全く無知だったのでお恥ずかしいのですが・・



偽妊娠中の避妊手術は避けたほうが良かったようです。

ネットで検索かけてヒットした文書を残しておきます。
( 記録用なのでお許しを )




・妊娠犬では妊娠後半にプロジェステロンの分泌量は低下し始めます。その低下を刺激として視床下部からのプロラクチン(乳腺刺激ホルモン)の分泌量が増えてきます。このホルモンの影響で乳腺は腫脹し乳汁を分泌し始めます。また、妊娠しているかのような行動を取り巣作りを始めたりすることがあります。ホルモン分泌の低下とともに偽妊娠は終了しますが、発情期毎に繰り返すことが多いです。症状に多少の差があるだけで、全ての雌犬に偽妊娠が起きます。
 人間と違い想像妊娠というものはありません。ホルモンの影響でおきている病気ですので、避妊手術してあげることにより通常以後の偽妊娠は起こらなくなります。ただし、偽妊娠中に手術をするとプロジェステロンの急激な低下からプロラクチンの分泌亢進につながり、偽妊娠状態が永続することがありますので、手術は乳腺が落ち着いてからになります。




・偽妊娠は、病気というわけではなく、ホルモン的なサイクルによって、
程度は個体差があるものの、必ず雌犬には来るものです。

偽妊娠を予防するには、避妊手術をして、
卵巣を摘出するしかありません。
卵巣が体からなくなれば、黄体ホルモンが出てこなくなりますので、
発情期も偽妊娠も、もう来なくなります。

したがって、偽妊娠が強い子で、繁殖を望んでいない場合は、
偽妊娠が落ち着いた時点で、避妊手術をしておくことをお勧めします。

ただ、気をつけないといけない事は、

偽妊娠で乳腺がパンパンになっているときに手術をすると、
血中プロジェステロン濃度が急激に下がり、
そのせいで、乳腺組織の腫脹が永続的に残ってしまう可能性がある


と言われている事です。




偽妊娠中は黄体ホルモンが通常より高くなっていますので、手術で黄体が形成されている卵巣を取ってしまいますと、黄体期が途中で中断され、体は出産したと勘違いして、今度はプロラクチンと言う泌乳ホルモンがどっと分泌され、おっぱいが出るようになってしまいます。偽妊娠は、妊娠と同じ65日くらいで終了しますので、それ以降、2週目くらいで手術が良いでしょう。






あ~ なんてことだ。


もう手術はしてしまったのだから、仕方ない。

今後どうなってしまうんだろう?



でも、手術前に先生は気付かなかったんだろうか?


偽妊娠自体は、ヒートの終わり(発情後)からすぐに始まるようで
身体が出産し終わったと判断すると、ミルクが出るそうです。

だから、もしかしたら
偽妊娠中に手術をして子宮を取ってしまったので
チェリの身体は出産したと勘違いして、ミルクが出たのではないかな・・と。

最悪、この偽妊娠状態がずっと続いてしまうそうです。


気付かずに、可哀相なことをしてしまいました・・。


ちょっと病院側に聞いてみようと思います。

10:28 | 避妊手術 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。